LINEで送る
Pocket

有名なブランド、フレームorファスナー式、日数とサイズの関係、etc. 種類が豊富なスーツケース。

選び方が難しそうですが、実は!注意すべきポイント6つだけ!!
あとは、デザインなどの好みで選んでOKですので、ポイントを押さえて、自分にピッタリのスーツケースを選びましょう。

細かい情報は不要!という方は、目次の「失敗の少ないスーツケースとは?」をクリックしてください。選び方のコツを簡潔にまとめてあります。

スーツケース選びの注意点(チェックポイント)

1. 価格、ブランド

高級ブランドの物を購入する必要はありません が、「大容量で1万円以下」など極端に安いスーツケース低品質な可能性もあることは理解しておきましょう。
スーツケースは耐久性や耐衝撃性、操作性など、スペック上で大切な点が多いため、そもそもの原価が高くなりがち。こだわって作られていれば、ある程度は高くて当然なのです。

高品質安めの価格を希望する場合、「エース」などのスーツケース専門メーカーの商品が比較的安心です。

例えば、コチラ↑は、出張でも旅行でも使いやすい48L(リットル)サイズ。一番、摩耗や破損が気になるキャスターもしっかりしたダブルホイールなのに、¥20,000程度(税・送料込)で購入できます。

また、使う機会が少ない&値段が気になるなら、レンタルが断然お得。出費を抑え高品質のスーツケースが使えますし、保管に場所を取られることもありません。
※スーツケースのレンタルに関する詳しい情報はコチラの記事で。
 レンタル業者が貸し出している商品は、耐久性等が比較的高い物が多いので、購入する商品を選ぶ際にもレンタル業者のお眼鏡に適っているか?」を確認するのは1つの参考になりますよ。

 

2. サイズ、容量

機内に「持ち込む用」or「チェックインカウンター等で預ける用」で基準が違います。

持ち込み手荷物

55㎝×40㎝×25㎝以内、且つ、3辺の合計 115㎝以内であること。
「機内持ち込みOK」などの表示がある物を選びましょう。

預け荷物
泊数×10L(リットル)が目安になります。

泊数 1〜2泊 2〜3泊 3〜5泊 5〜7泊 1週間以上
容量 30L 30〜40L 40〜60L 60〜85L 85L

薄着の時期渡航先の方やそもそも荷物が少なめの方は、目安より小さめでも問題ないでしょう。
逆に、ショッピングをたくさんしたり、ワインや割れ物の食器など厳重な梱包が必要な物等を運ぶ場合には、大きめのスーツケースが良いでしょう。

※※※ パッキングの際の注意点 ※※※

  1. パッキングの際には、中身がスカスカな状態よりも、無理がない程度に荷物が詰まっている状態の方が中身が動くことでの破損等は減ります。荷物が少ない場合には、スーツケースの片側に荷物をある程度まとめてスカスカにならないようにし、割れ物等は衣類など緩衝材になりそうな荷物に挟む形で詰めましょう。
  2. 無理に押し込んで詰め込むことも、中身の破損の原因になります。割れ物等を運ぶ時には注意しましょう。
  3. 通常、機内持ち込み/預け荷物共に、(総荷物重量制限だけでなく)1つの荷物の許容重量には制限があります。規定は航空会社搭乗クラスによって違いますが、目安は機内持ち込み7〜10kg預け荷物30kg〜35kg。1つのスーツケースに詰め込み過ぎると、チェックインカウンターで預け入れ拒否をされることがあるので気をつけましょう。万一、規定量をオーバーした場合は、空港内の郵便局や宅配便カウンターなどでダンボール箱を購入し、オーバーした重量分だけ別箱等にして預け直すことになります。また、預け荷物個数に制限のある航空会社等では追加料金が発生することもあります。


荷物の量が毎回違う!
という方は、レンタルで旅毎に適切なサイズを選ぶようにしましょう。
※スーツケースのレンタルについてはコチラ

 

3. 外装素材(ハード/ソフト)

ハードタイプ

ソフトタイプ

ポリカーボネート、アルミニウム合金、ABS樹脂、等 ヴァルカンファイバー
(特殊加工紙)
木+革、等 ナイロン、ポリエステル、等
最も一般的な素材。強度や防水性、防犯性など機能面のことだけを考えるなら預け荷物のスーツケースはこれらの素材がベスト グローブトロッターに使われている特殊素材。十分に頑丈で撥水性もありますが、長時間水分にさらされると変形歪みを起こすことも。濡れたら早めに拭きましょう。 アンティークなどで見かけることがありますよね。見た目はステキですが、大抵かなり重いです。旅行用というよりは、家のインテリアとして使うことをオススメします。 軽く、収納力に優れ、外ポケットが付いていることが多いので、物をスッと取り出す/仕舞うことができ、機内持ち込み便利。ただし、防犯性が低い(ナイフ等で破壊可能)傾向にあります。

ハードタイプでも、押すとペコペコと凹むようなスーツケースもあります。
その場合、軽量ではありますが、中身の保護は期待できませんので、割れ物などを入れる際には十分注意しましょう。

 

4. 開閉方式(フレーム式/ファスナー式)

フレーム式


(ワンタッチで「パチッ」と開閉)

ファスナー式


(ファスナー(ジッパー、チャック)で開閉)

機密性が高い。
強度、耐久性が高い。
防犯性が高い(壊しにくい)
防水性が高い。
ワンタッチで開閉できる。△荷物の出し入れには、全体を開けないと難しい(場所を取る&面倒)。
△衝撃でフレームが歪むと、開閉が難しくなる(要修理)。
荷物の出し入れが簡単(ファスナーを少し開くだけでも可能)
◎やや軽量。△防犯性が低め(壊しやすい)。
△防水性が低め(豪雨等だと、浸水することがある)。

個人的には;

  • 預け荷物用はフレーム式でしっかり保護!
  • 機内持ち込み用はファスナー式で荷物の出し入れを便利に!

がオススメです。

外装素材・開閉方式に共通する注意点ですが;

  • 防犯性が高いからと言って、預け荷物に現金等の貴重品を入れるのは、できるだけ避けましょう。X線で現金は見えますし、渡航先や乗継地での破損・盗難のターゲットになりやすいと言われています。
  • 割れ物も、可能な場合は手荷物の方が安心。預け荷物は、荒い扱いを受けますので。壊れ物タグを付けたとしても、丁寧に扱われる100%の保証にはなりません。

 

5. キャスター(2輪タイプ/4輪(〜8輪)タイプ)

「8輪」等と書かれているスーツケースもありますが、基本的には4輪と同じ。4本脚の先にダブルホイールが付いているだけですので、下記の2タイプに分けて説明します。

2輪タイプ
4輪タイプ
◎電車内等の揺れる場所でも、安定性が高い(立てて置いても、ゴロゴロと勝手に動くことが少ない)
◎やや静音。△小回りが利かず、人混みや狭い通路の持ち運びにやや不便(通常、進行方向が固定されている/360°回転する車輪を採用している場合には問題なし)。△斜めに引いて持ち運ぶ必要がある(立てて押したり、身体の横に引き寄せて運ぶような使い方はできない)ので、重い荷物ば運びにくく、長時間使用すると腕が疲れやすい。
重い荷物も比較的運びやすく、腕が疲れにくい(斜めに引いて運ぶだけでなく、立てて押したり、身体の横に引き寄せて運ぶこともできる)
◎人混みや狭い通路でも小回りが利いて運びやすい(通常、軸が360°回転する車輪を採用している/進行方向が固定されている型の場合には小回りは利かない)。△ストッパーが付いていない場合は、電車内等の揺れる場所で立てて置くと、ゴロゴロと勝手に動いてしまうことがある。
車輪の数に関係なく車輪ボディに半分埋め込まれていて、外に出ている面積が狭い方が、預け荷物などで荒い扱いを受けても、衝撃で破損することが少ないです。2輪の場合には大抵がこのタイプですが、4輪の場合には、車輪全体がスーツケースのボディから出ているタイプも少なからずあります。

 

6. TSAロック

アメリカに行く場合のみ、「TSAロック」が付いているスーツケースの方が安心です。

TSAロックとは?
TSAロック
アメリカ国内を移動・出国する際には、TSA(米国運輸保安局)が預け荷物を開いて検査します。TSAロック搭載の鞄は、職員が特殊ツールを使って解錠できるため、鍵をかけたまま預けられますが、非搭載の鞄鍵をかけずに預けるよう指示されます。TSAロック非搭載の鞄に鍵をかけて預けると、職員が鍵を壊して検査することになり、破損補償もされません。
TSAロック搭載の鞄は赤い菱形TravelSentry社製/写真参照)」または「赤い松明SafeSkies社製)」が目印です。
※TSAロック搭載であっても、緊急時等には、職員が鍵を壊す可能性もあります(Travel Sentry公式HP参照)
※航空会社によっては、稀にTSAロック搭載の鞄でも解錠して預けるよう指示されることもあります。

アメリカ以外に行く場合には不要ですが、購入の際には「いつか行くかも…」という可能性を考慮して、TSAロック付の方が良いかもしれませんね。

 

失敗の少ないスーツケースとは?

以上の6つの注意点を踏まえると、誰にでも比較的オススメできるスーツケースは、下記の通りとなります。

機内持ち込み用

1. 価格・ブランド 価格・ブランドは気にしなくて良い(あまり重い物を入れたり、鍵をこじ開けられる心配もないので、高スペックの必要はなく、普通のバッグに近い感覚で選んで良い)
2. サイズ・容量 3辺が55㎝×40㎝×25㎝以内/3辺の合計 115㎝以内(「機内持ち込みOK」などの表示がある物)
3. 外装素材 ソフトタイプ(軽く、収納力にも優れており、外ポケットが付いていることが多いので、「ガイドブックをスッと取り出す/仕舞う」など荷物の出し入れが簡単で便利)
4. 開閉方式 ファスナー式(ちょっと開けて荷物の出し入れができて便利&軽量なことが多い)
5. キャスター 車輪数は好みで選んでOKだが、摩耗・破損がし易い部分なので、品質のしっかりしたものを選んだ方がベター(実際に見比べると品質はわかり易いですが、通販の場合には写真や説明書きで判断or信頼できるメーカーの商品を選ぶ)
6. TSAロック [購入] TSAロック付がベター(いつかアメリカに行く可能性を考慮&想定外の重量オーバーなどで、預け荷物になること等も可能性も考慮する)
[レンタル] 渡航先がアメリカ時以外は不要
その他 外ポケット・内ポケットにこだわると、収納力&使いやすさが格段に上がります!

 

預け荷物用

1. 価格・ブランド 高級ブランドである必要性はないが、「大容量で1万円以下」など極端に安いスーツケースは要注意(重い物を入れたり、預け中に鍵をこじ開けられたり、旅先で壊れてしまう心配等があるので、よほど口コミが良い等でなければ安過ぎるスーツケースは避けた方がベター)
2. サイズ・容量 10L(リットル)×日数が目安
3. 外装素材 ハードタイプ(中身の保護、防犯性、強度・耐久性、耐水性など、預け荷物に必要なスペック全般で優れている)
4. 開閉方式 フレーム式(中身の保護、防犯性、強度・耐久性、耐水性など、預け荷物に必要なスペック全般で優れている)
5. キャスター 4輪(重い荷物や長時間の運搬でも、比較的扱いやすく、腕が疲れにくい)がベターだが、30L(リットル)などの小サイズの場合や長時間運搬の可能性がない場合は2輪でもOK
摩耗・破損がし易い部分なので、品質のしっかりしたものを選んだ方がベター(実際に見比べると品質はわかり易いですが、通販の場合には写真や説明書きで判断or信頼できるメーカーの商品を選ぶ)
6. TSAロック 購入:TSAロック付がベター(いつかアメリカに行く可能性を考慮)
レンタル:渡航先がアメリカ時以外は不要
その他 購入すると、高額な上に、保管に場所をとるので、基本的にはレンタルがオススメ。購入の場合でも、一度、レンタルで試用してみて、気に入ったものを購入した方が間違いない。

 


 

6つの注意点だけ気をつければ、あとはデザインや軽さ、ポケットの数など、細かい点で気にいるものを選ぶと良いでしょう。

スーツケースは旅の大切なパートナー。
チェックポイントをしっかり確認して、最適な相棒を見つけましょう!

 

【こちらの記事が併せて読まれています】
リモアやサムソナイトも!スーツケースのレンタルおすすめ3社徹底比較

カテゴリー: 旅行辞典