LINEで送る
Pocket

他の旅行先の場合、フライトもホテルもバラバラに自分で予約…という人がかなり増えていると思いますし、モルディブでもそのような日本人が増えているそうです。

しかし、それでもまだ、ホテルに直予約やホテル予約サイト(アゴダ、エクスペディアなど)を使う人より、一般的な旅行会社経由の予約の人が多いようです。

各々のメリット/デメリットがあるとは思いますが、モルディブの場合、どのように予約するのが良いのでしょう?

あくまでも個人的な意見としては、旅慣れをしておらず、また、英語力に自信がない場合には、日系の旅行会社を経由した予約の方が安心な気がします。

あとは、格安のリゾートとかゲストハウスを予約する際にも、日系の旅行会社経由の方が良いか?と。

というのも、モルディブは主な国内移動手段が船や飛行機。車や電車に比べて天候不良などに左右されやすい交通手段で、到着及び出発時に国際空港⇄リゾート等の島を移動することになります。

なので、「国際線の到着が遅れた!」「帰りの国際線に乗り遅れそう!」なんてことになったり、逆に、国際線の乗り遅れを防ぐために早めにリゾートを出発が必要になったり…という可能性が、一般的な旅先よりは多いのがモルディブ。

頻繁に起こるわけではありませんが、到着時のトラブルは目的地での滞在時間を短くしてしまうかもしれませんし、出発時のトラブルは帰国翌日から仕事…なんてことも多い日本人にとっては避けたい事態ですよね。

そんな時に、日系の旅行会社経由の予約の場合には、現地の係員が対応してくれることがほとんどでしょうから、旅慣れしていなくとも、英語で交渉や細かい確認などができない人でも比較的安心な気がします。

あとは、稀にオーバーブッキングなどが発生した際、直予約やホテル予約サイト利用者にまずは部屋変更の案内をすることがある…というホテルも(全てがそう!ということではありませんよ)。

正直なところ、旅行会社に間に入られるのはホテル側としても面倒ですから、お客さんと直接話をして、提供するお詫びのサービスなども納得してもらえれば、そちらの方が楽… というのは、わかる気はしますよね。まぁ、これも、そんなに多いことではないですが。

聞くところによると、最近は、ホテル予約サイトでリゾートを予約した日本人旅行客が、到着・出発時にホテルスタッフとはぐれたりして、ヴェラナ国際空港内で困っている姿を見かけることもあるそうです。

そういう方の中には、英語ができない人も少なからずいらっしゃり、空港勤務の日系ツアーオペレーターの職員が助けを求められたりするそうです。

助けを求められれば&余裕がある時なら、助けてはくれるかもしれませんが、、、そのツアーオペレーターさんのお給料は、その会社を利用している他のお客さんたちの旅行代金から賄われているんですよね?

そう考えると、笑顔で助けてくれたとしても、ちょっと気が引けますよね。。。

ともあれ、旅のトラブル対応に自信のない方は、その保険として日系の旅行会社を利用するのが得策かと思います。

あと、マイルで飛行機を予約される方も、日本ーモルディブの全旅程分の特典航空券を予約しない場合(途中まではマイルで、その先は普通に購入という場合)、損をすることもありますので、気をつけてくださいね。

また、格安のリゾートやゲストハウスの場合にも、空港での宿泊施設側のケアが信頼できるか怪しいので、旅行会社経由の予約の方が安心か?と。

しかし、英語力もあり、旅のトラブルなんて余裕で解決!という人は、どの予約手段をとっても問題ないかもしれません。

個人的によく使うのは、Booking.comです。
Booking.com - JP
使用理由は、ホテル評価は見やすく予約できるホテル数が多いから。行きたいホテルが決まっている時には、特に便利です。

楽天ポイントを貯めている方には、楽天トラベルを…と言いたいところですが、モルディブはホテル数が少ないです。
楽天トラベルまた『TripAdvisor(トリップアドバイザー)』は、ネット予約でのおおよその最安価格が一目でわかって便利です。

国際線で到着後すぐに宿泊先に移動する場合は、空港の到着ゲート(或いは、到着ゲート前にある各リゾートやホテルのカウンター)で宿泊施設のスタッフに名前等を告げ、そのまま目的地に移動となることが多い(国内線の場合には、予約時に知らされることもあります)ので、リゾート等への出発時刻はあまり気にする必要はありません。

空港島周辺(フルレ島、マーレ島、フルマーレ島)などに1泊の上でリゾートに出発する際には、ホテルに直予約の際にも、ホテル予約サイトを利用の場合にも、予約後にホテル側から「出発時刻等の案内は1泊目のホテルに伝えておきます」等の案内をされることが多いようです。

案内がないようであれば、翌日の移動法について、ご自身でホテルにメール等をして確認した方が良いでしょう。

到着翌日以降に移動の場合、リゾート等へ出発する船や飛行機の時刻が前日の夕方まで決定しないことが多いです。

というのも、船や水上飛行機は、当日に国際線で到着して移動する人の便の時刻をまず決めた後に、空席のある便に到着済みの人の席を割り当てることが多いからです。船にしても水上飛行機にしても、限られた台数で運行しているものですので、そのような効率性が必要になります。

唯一、国内線だけが定期運行されているので、前もって時刻がわかるのですが、変更も多いので、念のため、前日にでも宿泊施設に再確認することをオススメします。

宿泊施設のレセプションは24時間開いていることがほとんどだと思いますので、深夜着の国際線で到着してから電話をしても、通じるとは思います。

あとは、宿泊施設に着いてしまえば、問題ないでしょう。

先ほど触れたオーバーブッキングなどに当たってしまった場合には、お詫びのサービスをたっぷり&自分の滞在スタイルに合うものをつけてもらえれば、むしろラッキーに転ぶ可能性もありますので、英語での交渉大好き!という方なら、意外と楽しめてしまうかも。。。

交渉好きでない人も、納得しなければ頑として断る!なり、納得するようなサービスをつけてもらえるよう頑張ってください。まぁ、そんなに頻発することでもないので、普通は心配不要ですが。

 


以上、一概にどの予約手段が良いとは言えませんが、個人的に思うことを書き出してみました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

カテゴリー: モルディブ