LINEで送る
Pocket

海外にいても、ネットに接続してスマホ携帯を使いたいけど、高額請求が怖い…なんて相談を受けます。また、仕事でパソコンをネットに接続していたい!という方も多いでしょう。

海外でインターネットを安く使うには、使用する端末(デバイス)によってサービスを選ぶことが肝心。

以下に要点をまとめますので、参考にされてください。

※まずは日本のスマホ/携帯を正しく設定!

スマホの設定ミスで高額請求をされてしまう人が後を絶ちません

これは、海外の通話及びデータの「ローミング」料金が高額なことが原因です。通話に関して言うと、海外で着信した電話に出ただけでも「着信料金」というお金が請求されてしまいます。

なので、日本出国時に、必ず下記の設定をしましょう

通話もパケット通信もしない人:常時「機内モード」に

携帯設定

カメラ時計Wi-Fi程度しか使わない」という人は、「機内モード」が簡単&確実にローミングを防いでくれます。ただし、スマホ/携帯を立ち上げ直したり、間違って触ってしまったり等して、「機内モード」がOFFになってしまっていると危険ですので、そのようなことがないように注意&時々確認しましょう。

機内モード中でも、もちろんWifiは使えます。

通話だけしたい、着信履歴を見たい人:データローミングをOFF

携帯設定

緊急時の連絡のために通話はできるようにしておきたい方や、仕事等の関係で着信履歴だけは記録しておきたい方もいるでしょう。そのような場合には「データローミング」だけをOFFにしましょう(iphoneでは、合わせて「音声通話ローミング」をONに!)。

データローミングをオフにしても、もちろんWifiは使えます。

  • iPhone:「設定」→「モバイルデータ通信」→「通信のオプション」→「ローミング」→「データローミング」をオフ(「音声通話ローミング」はオン)
  • Android:「設定」→「接続」→「モバイルネットワーク」→「ローミング設定」→「データローミング」をオフ

※渡航先で同行者等の日本の携帯に電話をかける際にも国際発信料金が課金される(日本にいる人の携帯にかけているのと同じ料金がかかる)等、海外で日本のSIMのままスマホ/携帯を通話に利用すると、高額な料金請求になることが少なくありません。利用に際しては十分に注意し、現地での通話が多くなるようなら、現地SIM通話アプリを活用しましょう。

 

使い方別!お得な海外ネット利用法まとめ

海外での代表的な4つのネット接続法について、特徴をまとめると下記の通りとなります。

海外パケット定額 レンタルWi-Fi 現地SIM 現地Wi-Fi
スマホ1台/1人/ネット利用のみ
割高

割安

割安&手軽
要SIMフリー端末

不便
複数端末でネット利用(同行者との共有含む) ×
割安

要テザリング

不便
パソコン等のSIM非対応端末でのみ利用 ×
割安
×
不便
現地での通話+ネット利用
割高

通話アプリ利用

割安&手軽

不便
機内でネットのみ利用 航空会社提供の機内Wi-Fiのみ利用可能

 

海外パケット定額プランは「割高」

ドコモ(docomo)、au 等の日本のスマホ/携帯を海外で利用するには「海外定額パケット」のプランを申し込むことになります(ソフトバンクも同じですが、同社はアメリカだけ無料のキャンペーンをやっています(2018.06時点/終了時期未定))。

いずれも利用料金は、ドコモ(docomo)とauの場合、日本のデータ量の範囲内で通信するプランだと1日980円。ソフトバンクを含めた3社とも、別枠でパケット通信し放題のプランだと1日2,980円

レンタルWifiが1日500円くらいから利用でき、しかも、通常は複数デバイスで同行者とも共有できることを考えると、海外パケット定額プランは相当割高です。

ただし、いつも利用しているキャリアに申し込むだけで使える手軽さは魅力。短期の海外滞在等では利用しても良いかもしれません。

 

通話ナシならレンタルWi-Fiで決まり!

総合力ではレンタルWi-Fiの圧勝現地の電話番号に通話する機会が多い人を除き、レンタルWI-Fiが良いでしょう(多少の通話であれば、WI-Fiを利用して通話アプリで電話をしたり、ホテル等の電話を活用しましょう)。パソコンやスマホ、タブレット等、複数の端末(デバイス)で使えるのも魅力です。

特に、同行者と共有して料金を割り勘にすればグッとお得ですので、旅の友に前もって相談しておきましょう。

価格的には、現地専門のWi-Fiを扱っている業者がある国・地域では、地域専門業者が安い傾向にあります。そのような業者がない国・地域では、

の2社が、価格安めで、サービス充実しているのでオススメです。

特にグローバル WiFiは比較的老舗で、私も利用していましたが、通信速度も問題なく、しかもベトナムでは1日300円くらいで済みました

料金シュミレーター

HPに上記のような料金シュミレーターがあるのも便利でしたよ。

国・地域別レンタルWi-Fi業者リスト

4G LTEの超高速Wi-Fiが1日690円(大容量700MB)等。 10台まで接続可能。レンタカーから充電できるカーチャージャーの無料レンタル付。※受取は自宅または空港。往復送料無料。

4G LTEの超高速Wi-Fiが1日690円(大容量700MB)。オーストラリア最大手通信会社「OPTUS」の人気軽量Wi-Fiルータ(75g)なので、オーストラリア全土で利用可能(他の通信会社の場合、特定の地域で接続が不安定になることも)。10台まで接続可。レンタカーから充電できるカーチャージャーの無料レンタル付。※受取は自宅または空港。往復送料無料。

4G LTEの超高速Wi-Fiが1日590円(データ利用制限なし!)。韓国LGグループの提供する「LG U+(ユープラス)」の人気ポケットWi-Fiルータなので、韓国全土で安定した利用が可能。10台まで接続可。 ※受取は自宅または空港。※受取は自宅または空港。往復送料無料。

4G LTEの超高速Wi-Fiが1日780円(データ利用制限なし!)。シンガポール大手通信会社「StarHub」の最新SIMを搭載した、人気軽量Wi-Fiルータ(75g)。10台まで接続可。 ※受取は自宅または空港。※受取は自宅または空港。往復送料無料。

長期利用になるほど1日当たり料金が安くなる仕組み。4G LTEの超高速Wi-Fi(データ利用制限なし!)。10台まで接続可。スイス専門業者ならではの接続の良さで、山の上やスキーリゾート等でも繋がりやすい。※受取・返却は現地(空港、ホテル、郵便局、その他住所のある場所なら配送可能)。
※後述の「ユーロデータ」の方が値段は安いが、「Travelers Wifi」はデータ利用制限なしで、現地受取・返却可能なのがメリット。現地にいる日数借りるだけなので、ヨーロッパ外の都市と周遊する&スイスだけレンタルWi-Fiが必要な場合にはレンタル日数に無駄が出ない。

4G LTEの超高速Wi-Fiが1日590円(データ利用制限なし!)。タイ大手通信会社「TRUE社」の最新Wi-Fi SIMを搭載した、人気軽量Wi-Fiルータ(75g)。10台まで接続可。 ※受取は自宅または空港。※受取は自宅または空港。往復送料無料。

4G LTEの超高速Wi-Fiが1日590円(データ利用制限なし!)。台湾最大手通信会社「中華電信社」の人気軽量Wi-Fiルータ(75g)なので、台湾全土で安定した利用が可能。10台まで接続可。 ※受取は自宅または空港。※受取は自宅または空港。往復送料無料。

4G LTEの超高速Wi-Fiが1日680円(データ利用制限なし!)。「台湾データ」との主な違いは、台北桃園空港のカウンター(税関から30秒の好立地)で受取れる現地業者であること(日本国内受取も可能だが、配送料1,000円が加算される)。カスタマーサポートは日本人が対応。機器トラブル等の際には現地で交換可能。
※現時点では台湾データの方が安くてオススメだが、日本で借り忘れた際にはオススメの業者。ただし、当日レンタル申込みは手数料1,000円が加算される。

4G LTEの超高速Wi-Fiが1日780円(データ使用上限500MB)。重さ75gの軽量ルーター。5台まで接続可能。中国全土で利用可能。レンタカーから充電できるカーチャージャーの無料レンタル付。※受取は自宅または空港。往復送料無料。
※通信規制の厳しい中国において、主なページの閲覧やSNS(フェイスブックツイッターLINE等を含む)も利用できるのが最大のメリット!

4G LTEの超高速Wi-Fiが1日690円(大容量700MB)等。 10台まで接続可能。レンタカーから充電できるカーチャージャーの無料レンタル、ハワイ情報誌「LANILANI」や「まっぷるオリジナルクーポンブック」もプレゼント付き。 現地にワイキキデスク(カスタマーサポート)有り。 ※受取は自宅または空港。往復送料無料。

ヨーロッパ各国で利用できる。2G/3Gは1日590円・1ヶ月12,000円(データ利用制限なし!)&4G/3Gは1日880円・1ヶ月18,000円(データ使用上限1日500MB)。5台まで接続可能。レンタカーから充電できるカーチャージャーの無料レンタル付。1ヶ月以上前申込みで「早割10%オフ」が適用されて、リピーターには「リピーター特典割引10%オフ」が適用される(2つの特典は組合せ可能で、合計20%オフになる)。※受取は自宅または空港。往復送料無料。

 

【レンタルWi-Fiに高額請求の落とし穴!注意点は2つ】

せっかく安いレンタルWi-Fiを選んだのに、帰国後に数万円単位の高額請求されてしまった...という方が稀にいます。これは主に「契約した国以外でWi-Fiを利用した」ことが原因です。

特定地域・国でしか使えないWi-Fiルータの場合にはこのような問題は発生しませんが、各国で使えるルータの場合、当初申し込んだ国・地域外でネットに接続してしまうと、1MBで3,000円等の高額レートが適用されてしまいます。

自分がネットに接続した覚えがなくとも、スマホ等の端末が勝手にネットに接続してしまうこともありますので;

  • 申込み地域・国以外では、ルーターの電源を絶対に入れない
  • 申込み地域・国を出る時には、ルーターの電源を必ず切る

の2点を遵守しましょう。

 

通話もするには現地SIMがお得(要SIMフリースマホ/携帯)

SIMフリー携帯を持っている方は、現地の「プリペイドSIM」を購入すると、大抵の国では安くデータ通信と通話ができて便利です。タイをはじめとする東南アジアの等の物価が安い国だと、(よほどデータ量を使わない限り)数日間使用してトータル1,000円程度で済んでしまうことも

メジャーな渡航先だと「国名 現地SIM 価格」等で検索をすれば、情報が出てきますので、確認してみてください。

また、出張で現地のアポイントメント先に電話をしなくてはいけなかったり、現地に着いてからホテルやレストラン等を予約するなど、通話が重要な方は、現地SIMを入れたSIMフリー携帯を持っていた方が圧倒的便利。あとは、Wi-Fiルーターを持ち歩かなくて良い身軽さも魅力。旅行でも出張でも、手荷物は少ない方が安全&便利です。

ただ、新品のSIMフリー携帯は安くても2万円程度することが多いので、あまり海外に行かない&日本でもSIMフリー携帯が不要な方で、現地通話が多くなりそうな場合には;

  • レンタルWI-Fi(通話アプリ)とホテル等の電話を利用する
  • レンタルのSIMフリー携帯を利用する
  • 現地でSIMフリー携帯を購入する(※中長期での滞在の場合)

のいずれかが良いと思います。

中長期で海外に滞在される方は、現地でSIMフリー携帯を購入すると安いことも(タイ等の物価の安い国だと、いわゆる「ガラケー」なら3千円前後、ススマホでも1万円前後で買えることがあります)。SIMフリーのiphoneはどこの国でも高めですし、偽物も横行していますので要注意です。

 

現地Wi-Fiの利用はセキュリティに注意

ホテルや空港、カフェなどにある有料・無料のWi-Fiスポット。有料の場合にはある程度のセキュリティが保たれていると思いますが、無料の場合には悪意のある人が接続している可能性が高まります。

よって、無料Wi-Fiスポットに接続する際には;

  • 個人情報(ID、パスワード、電話番号、クレジットカード情報等)を入力しない
  • 常時接続にしない(利用しない際には無料Wi-Fiを切り、短時間の使用に止める)
  • できればVPNサービス等を利用して接続する

等に配慮して利用することをオススメします。

また、接続する無料Wi-Fiスポットが偽物でないか?も確認してから接続しましょう。街中などでは、たくさんの接続先候補がスマホ等の端末に表示されると思いますが、中には不正アクセス目的のスポットが混ざっていることもあり、そこに接続してしまうとデータが盗まれてしまうことも。カフェや商業施設の名前を入れてスポット名を偽装してくることもありますので、十分に注意しましょう。

とは言え、そもそも海外では移動をすることも多いでしょうし、その度にWi-Fiスポットを渡り歩くのも不便でしょう。であれば、レンタルWi-Fiをポケットに入れて持ち歩いたり、現地SIMの携帯を持ち歩いた方が、遥かに便利です。

 

機内は航空会社のWi-Fiで

飛行機内でレンタルWi-Fiは使用不可

機内でWi-Fiルーター等「電波を発する電子機器」の電源を入れることは、航空法違反の禁止行為である上に、そもそもレンタルWi-Fiのルーターは上空で電波を拾うことができない(地上でしか使えない)のが一般的です。

多くの航空会社が機内でのWi-Fi接続サービスを提供しているので、必要な方は、利用する航空会社のHP等を確認してみましょう。

機内Wi-Fiが使える航空会社

調べた限り(2018.06時点)で機内Wi-Fiを提供している航空会社は下記の通りです。

  • JAL(日本)
  • ANA(日本)
  • Aer Lingus(アイルランド)
  • Aeroflot Russian Airlines(ロシア)
  • Aerolineas Argentinas(アルゼンチン)
  • Aeromexico(メキシコ)
  • Air Berlin(ドイツ)
  • Air Canada(カナダ)
  • Air China(中国)
  • Air France(フランス)
  • Alaskan Air(アメリカ)
  • Alitalia(イタリア)
  • American Airlines(アメリカ)
  • British Airways(イギリス)
  • Cathay Pacific(香港)
  • Cebu Pacific Air(フィリピン)
  • China Airlines/中国国際航空(中国)
  • China Eastern Airline/中国東方航空(中国)
  • Condor Flugdienst(ドイツ)
  • Delta Airlines(アメリカ)
  • Emirates Airlines(アラブ首長国連邦)
  • Etihad Airways(アラブ首長国連邦)
  • EVA Air(台湾)
  • Finnair(フィンランド)
  • Frontier Airlines(アメリカ)
  • Garuda Indonesia(インドネシア)
  • Gulf Air(イラク)
  • Iberia Airlines(スペイン)
  • Icelandair(アイスランド)
  • JetBlue Airways(アメリカ)
  • Kenya Airways(ケニヤ)
  • KLM Airlines(オランダ)
  • Lufthansa Airline(ドイツ)
  • Nok Air(タイ)
  • Norwegian Air Shuttle(ノルウェー)
  • Oman Air(オマーン)
  • Philippine Airlines(フィリピン)
  • Qantas Airlines(オーストラリア)
  • Qatar Airways(カタール)
  • Saudi Airlines(サウジアラビア)
  • Scandinavian Airlines(デンマーク)
  • Scoot Airlines(シンガポール)
  • Singapore Airlines(シンガポール)
  • Southwest Airlines(アメリカ)
  • SriLankan Airlines(スリランカ)
  • Swiss International Airlines(スイス)
  • TAM Airlines(ブラジル)
  • TAP Portugal(ポルトガル)
  • Thai Airways(タイ)
  • Turkish Airlines(トルコ)
  • United Airlines(アメリカ)
  • Virgin America(アメリカ)
  • Virgin Atlantic(アメリカ)
  • Virgin Australia (オーストラリア)
  • Vueling Airlines(スペイン)
  • WestJet(アメリカ)

    現在はまだ有料であることが多いのですが、無料Wi-Fiを国際線でも提供している航空会社もあります。気になる方は搭乗予定の航空会社のHP等で調べてみてください。

    利用時間や機材・路線、搭乗クラスやマイレージ会員のクラス等の条件が付いていることが多いですが、キャセイパシフィック航空、エミレーツ航空、フィンエア、カンタス航空、シンガポール航空、ヴァージン・オーストラリア航空等が無料WiFiを提供しています。

    そして何より、接続速度や(有料の場合)料金体系の差が大きいので要注意です。航空会社によっては「(昔懐かしの)ダイヤルアップですか?」と言いたくなるほど低速のこともありますし、データ容量制限付きのパッケージしかない場合もあります。

    機内でのネット接続が重要な方は、航空会社のHP等でプランの確認をすると共にネットの口コミを確認しましょう(極端に接続速度が遅かったり等、悪い評判はネットに書かれていることも多いので)

    参考例:JAL&ANAの機内Wi-Fiパッケージ(2018.06現在)

    JAL国際線

    対象便:公式HP予約の場合、Wi-Fiマークが付いている便
    データ使用量:無制限
    料金:1時間プラン US$10.15(JALカード料金$9.15)
    3時間プラン US$14.40(JALカード料金$12.95)
    フライトプラン(24時間以内/国際線の乗り継ぎ便でも利用可):US$18.80(JALカード料金$16.80)
    ※ファーストクラスは無料クーポン有り。機内で乗務員に要リクエスト。

    ANA国際線
    搭乗機種によってパッケージ内容が異なる。

    対象便:「B777-300ER」「B767-300ER」で運航の便
    データ使用量:制限有り
    料金:30分プラン/15MB上限:US$4.95
    1時間プラン/30MB上限:US$8.95
    フルフライトプラン/100MB上限:US$19.95

    対象便:「B787-9」「A320neo」で運行の便「B787-8」で運航の一部便
    データ使用量:制限なし
    料金:30分プラン:US$ 6.95
    3時間プラン:US$ 16.95
    フルフライトプラン(最大24時間):US$ 21.95

    ※ファーストクラスは無料。機内で渡されるフルフライトプランのスクラッチカードを利用。
    ※スマートフォン、タブレット端末での利用を推奨(スマートフォン・タブレット端末での、テキストデータの送受信、WEBページの閲覧程度の利用を想定)。

    2社を比較すると、JALのWi-Fiパッケージの方がデータ使用量制限もないため使いやすく、接続速度等の快適度もJALに軍配が上がっているのが現状。ANAには、今後の頑張りを期待したいですね。

    ※個人的な経験としても、JALのWi-Fiは大きな問題なく使えました。ANAはまだ、若干改善の余地がありそうな…ANA自身がHPで「スマートフォン・タブレット端末での、テキストデータの送受信、WEBページの閲覧」くらいをOKとし、それ以上の負荷がかかる使い方は推奨していません。いずれ改善される気もしますが、現時点(2018.06)時点では、Wi-Fiに関してはJALが優勢ですね。他国のエアラインでもワンワールド系が、無料Wi-Fiの拡大等のサービス拡充等に積極的な印象です。

    ともあれ、これくらい航空会社間の差はありますので、「機内で仕事をしたい」などWi-Fiが重要な旅では、航空券を予約する前に各社のサービス&口コミをチェックしてみてください。

     


     

    以上、海外でインターネットを安く・快適に使う方法についてまとめてみました。

    ネットがあると、現地でちょっとした調べ物もできて便利ですので、ぜひ上手に活用してください。

     

    【こちらの記事が併せて読まれています】
    それ、絶対に借りた方が良いよ!と言いたい、旅行用品レンタルまとめ

    【その他旅行に関する情報は↓コチラ↓】
    旅行辞典TOP

    カテゴリー: 旅行辞典